ときめきメリーゴーランド

みんな違ってみんな良い

思い違い。

担降り、とやらになるのでしょうか?
同じグループ内ではありますが、「惹かれる人」が変わりました。


まずわたしがHey!Say!JUMPの沼にハマッたのは2015年の秋。彼らを知って、彼らを追いかけることになったのはたかだか2年とほんの少し前。ジャニオタ用語でいうところの ド 新 規 だということを大声でお伝えしておきます!!
・新規の発言は受け入れられない
・伊野尾くんに盲目
・ごりごりの古株八乙女担様
・完成度の高い文章を期待している
・とにかく 新 規 は 嫌 い !

該当項目があれば悲しいけれどさようなら。


さてさて、何から書けばいいんだろう。笑
ざっくり結論からいうと“女子ドルでいう「推し」”が伊野尾くんから光くんに変わった。“それだけ”と言われれば“それだけ”なんだけれど、わたし自身の中ではそんな単純なものではなくて。
JUMPみんなが大好きだけれど、やっぱり伊野尾くんは特別だった。わたしにとってJUMPの入口になった人。歌番組では必ず最初に目で追っていた人。雑誌を買えば必ず一番初めにテキストを読んでいた人。めざましで猫かぶった彼はぶりっこ可愛くてキュンとする人。なのにらじらーでは光くんがポンコツすぎて(笑)、俺がやらなきゃってテキパキ進行する仕事っぷりにまたキュンとする人。
これまではずっと「一に伊野尾、二に伊野尾、三四がJUMP、五に伊野尾」くらいだったんだけれど一と五が光くんになった感じ。(伝われ…!)
だから伊野尾くんに全く興味がなくなったわけではなくて、今でも彼のことは気になる存在。めざましはほぼ毎週録画している。(たまに忘れる)

1年ほどずっとモヤモヤしていた伊野尾くんに対する感情がよくわからなかった。モヤモヤの原因を暇さえあれば考えていた気がする笑。そして最近漸く、何となく、答えがわかった。本当に単純なこと。
私の中で勝手に造り上げた伊野尾くんは伊野尾くんじゃなかったってことだった。

例の2連続スキャンダル。やっぱり始まりはそこからなのかな。でも隠してくれるなら恋愛するなとは思わないし彼らも3大欲求を持つ同じ人間であってアンドロイドでないというのは百も承知。ただ、ダメージはかなり大きかった。シンガポールのほうは特に。プライベートで誰と遊ぼうとファンは何も言う権利はない。あのビジュアルなんだから女子アナの可愛い彼女がいてもおかしくない。何が許せなくて悲しかったって、「大ちゃんと旅行に行きました!」と堂々とわたし達ファンに報告したこと。色々考えてこの件に関してはそれが一番嫌だったんだなぁと気づいた。ファンを馬鹿にしているのかとさえ考えてしまった。「いのあり♡」とか喜んでいた自分が心底アホだと思ったし、こんなにもリスクがあることをよく色んなところで言えたよな…と、正直ちょっと引いた。どこまでが事実なのかはわからない。ファンなら一線を越えていないと信じるべきなのかな。だけどあの写真の感じだと伊野尾くんが必死なように見えたし、たまたま会っただけにしては共通点が多すぎて、心が汚れているわたしは信じることができなかったんだ。(だいちゃんも色んな所で旅行の話にふれていたからあれから少し見る目は変わったけれど具体的な記事にされていないから伊野尾くんに比べてダメージは小さい。)
伊野尾くん自身も一時期は落ち込んでいたみたいだけれど徐々に取り戻そうと頑張っている姿を見るのは嬉しかった。モヤがかかった状態ではあったけど伊野尾くんを嫌いになったわけじゃないから。
FunkyTimeのメイキングでの雰囲気はそれ以前の彼とは違うように感じた。本当に哀愁しかなくて、気づけば消えてしまいそうなくらいでメンバーにも避けられているように見えた。わたしの目にはとても弱々しく映ったんだ。(ゆーやん、ずっと寄り添ってくれていてありがとう!…と勝手にお礼。笑)次のシングルPreciousGirlではお疲れモードではあったけれど小芝居をしていたり、ちゃんとみんなの輪の中に彼がいたりしてホッとした。待ちに待ったピーチガール公開時期になると映画宣伝で全国を駆けずりまわってくれた。だんだんと笑顔を取り戻してくれた。その笑顔をテレビで見るたびに嬉しい気持ちでいっぱいになった。だからスキャンダルのことはもうわたしの中で終わったんだ、区切りがついたんだ、そう思えて少し気持ちが晴れて気分も上がった。

そして夏になり、アニバーサリーツアーが始まった。多会場申込んで1公演のみ当たりました。小さな会場だからウチワは必須。もちろん伊野尾くんも好きだけどだんだん光くんへの気持ちも強くなってきていたから、いざ意気込んだ時にどちらを作るか迷って悩んで結局間に合わず9人みんなに届けたい10周年お祝いウチワのみ持参。笑
そしてコンサート当日、スタンド3列目というわりとナイスな席だったし外周に来てくれた時は本当に目の前。3mほどの距離だからメンバーの表情もよく見えた。
多分ウチワに気づいてくれたのは圭人と伊野尾くん。本当なら嬉しくて感動するはずだったんだけれどわたしは重大なミスを犯していた。「JUMP10thおめでとう」と作ったつもりなのにUとMを逆に貼って「JMUP」になっていたという悲劇…!気づいてからはそっこー鞄に仕舞ったので2人以外のメンバーには見られていないと信じてる。
で、圭人は「???」という頭のまわりにクエスチョンマークが飛んでるような少しキョトンとした顔をしていた。伊野尾くんはというと目が悪い人がよくやるピントを合わせる感じに近い目の細め方で少し睨んでいるように見えてその雰囲気がとても冷たくて怖かった。圭人のキョトン顔という比較対象があるぶん、より一層冷たく感じた。客席を睨んでいるつもりなんて絶対無いとは思ってる。でもあの時の顔は思い出すと胸がチクリとする。
うちわの件は勘違いだったとしてもまた外周でこちらへ来たときの表情もダルそうというか何というか…笑。他のメンバーは通りすぎて行く時もお手振りをしながら歩いていく時も常に“ON”の顔でいてくれていた。笑顔じゃなくてもサボってる感は絶対に無かったけど伊野尾くんからはそれを感じ取ってしまった。反対側のスタンド上段のファンの方は可愛かったのかウチワが気に入ったのか小さいお子さんだったのか分からないけれどその時はテンション高めだったな~。BESTコーナーもずっとふざけていたし特に不機嫌だったわけではないんだろう。わたしが耐性ない未熟者なだけできっとあれが伊野尾くんの通常運転。あんなに近くで伊野尾くんを見たのも目の前を通りすぎるなんてことも初めてだったから期待しすぎていたのかもしれないし、こちらに来たときにたまたま微笑んでくれていたら今の気持ちは違っているのかもしれない(単純だから笑)。カメラに抜かれてモニターに映る伊野尾くんはいつもテレビで見る通りの“可愛い伊野尾くん”だった。映るたびに「可愛いー!」と悶えつつも少し違和感があった。この時にはわからなかったけれど、こういったカメラに向ける時とそうじゃない時の表情に差がありすぎた事が受け入れられないんだと思う。

アンコールでトロッコに乗ってやってきたゆーやんは残念ながら背中ドーンだったので過ぎ去ってから横顔しか見れず(白目)。その後折り返しで光くんが!来るぞ来る来る!とドキドキしていたんだけどこのままだとまた背中……「こっち向いて~!」と半泣き(笑)で念を送ったら奇跡的にくるりんとこちら側に向いてくれた!バチッと目が合った!!!!!!!(気がするやつです知ってます笑)
特にファンサを貰ったわけでもないけれど、ふわりと優しいその表情(特に目)に息をするのも忘れるくらい一瞬にして心奪われてしまった。(思えばこの感覚は伊野尾くんを初めてテレビで見たあの感覚に似ていた。)アピールするウチワも何もなくってひたすらペンラと手を振っていたけれど“バーンして”を持っていたら心臓ぶち抜かれて倒れていたかもしれない笑。失恋直後に優しくされるとコロッといきやすいというのはこれなのか?!これなんだな?!なるほどだわ。まさに光くんからよしよしされて「光きゅん!!」って抱きついたくらいの癒しだったもんな~。頭の中やばーい\(^o^)/
この日からますます光くんが気になり始めて、京セラドーム挨拶での「これからも相思相愛でいましょう」でめちゃくちゃ頷いて←イマココて感じです。DEAR.の元日公演で「俺からのお年玉受け取れよー!!」からの照れ笑いして捌けていくあの時から光くん可愛い・・・となっていたわけですがまさかここまで溺れるとは思いませんでした(笑)

何度もうるさくて申し訳ないですが伊野尾くんのことは嫌いになったわけじゃないから今でも好きに変わりはない。これまではずっと蛇口から好きが出っ放しで溢れていたのが今は溢れそうになると止めることもできるしそんなに満タンになることがなくなった。12月のドームではずっと伊野尾くん一人を追うことはなくなって、メンバーそれぞれの動きを楽しめた。そういった楽しみかたを変えられたのは感謝。双眼鏡で追ってばっかりより全然楽しいから。わたしはこの参戦スタイルが好きみたい。

わたしが勝手に造り上げた伊野尾くんはテレビの中に居ました。テレビの中でもたまにムラがあるけれど『編集』という素晴らしいものがあるので理想の伊野尾くんではある。
しかし、『生放送』は編集任せにできないのが悲しいところ。めざましでは基本的にキラキラアイドルやってくれているから本当にありがたい。もう1つ任されている生放送をこの際だから書いておこうと思う。らじらーのこと。
めざましも慣れてきて初めの頃からすると多少変わっているけれど全然大丈夫。だけどらじらーはねぇ…ちょっとダメだと思う。今ではもうYouTubeで聴き漁ることもないんだけれどたまに聴きたくなって最新のアップしてくださっている回などに手を出すわけですが……いのひかが倦怠期すぎて辛い!!!確かに光くんは読み間違えることも多いし進行内容も把握できてなくて正反対の伊野尾くんはイライラしちゃうかもしれないけれど、あのテンションの低さはどうかと思うよ。他メンバーやアーティストさんがゲストに来てくれる回以外はほぼ氷河期じゃないです?お便りに対する反応も興味の有り無しが全面に出すぎだし(確かに嘘くさいお便りたくさんあるけど!)、自分達が考えた『こんばんワッホーイ』もくっそテキトーだったり(もはや言ってない気がする)聴いていてあまり楽しくない。意味不明な迷走コーナーや学生さん向けのコーナーが多くてついていけないというわたし個人の問題もあることは確かだけれどそれだけの問題なのかなぁ。片手間に済まされているような感覚。ベイジャンもたまに聴くけど毎回楽しくてゆーやんとだいちゃんがますます好きになれる。生放送と収録、50分と30分の違いはあるかもしれないけれどもう少し楽しそうにやってくれたらいいのになぁ。現実味はないけどうるじゃんみたいに毎回変えてみてもいいと思うけどね。9人もいるわけだからやる側も色んなコンビでできて新鮮でいいんじゃないだろうか。今のままだと伊野尾くんの良さも、光くんの良さも死んでいってしまうような気がしてならないのです。折角それぞれに個性があって素敵なのに何だか勿体ない。慣れって怖い。ラジオってちょっと素の部分を感じられたりテレビでは言えないことをポロっと言ってしまったりそういうお得感みたいなものは好き。例えば年明けのらじらーで光くんが伊野尾くんのことを『ちゃん呼び』した瞬間とか「光くんも呼んでるのか!あぁ~いのひか~♡」ってただそれだけで幸せになれたりする(単純)。でも顔が見えない分ちょっと声のトーンが違うだけで感じかたが変わっちゃうとても繊細なお仕事だと思う。一般人だと電話応対的なね。女性は絶対仕事の電話で声あがるもん。(母親レベルになると子供を怒鳴り散らしていても受話器をとれば別人になれるスキルが身につく模様。笑)
こんなダメ人間がこんなに偉そうなことばっか書いてしまってごめんなさい。どうか見つかりませんように。最近裕翔とか薮くんとかオタク情報知りすぎててネットでファンのTwitterやらブログやらあさってんじゃないかって思ってる(笑)



ダメ出しばっかりになっちゃいました。小姑だなぁ。反省。
これから伊野尾くんのことはテレビや雑誌で活躍する姿を応援させていただきたく思っております。顔も体(!)もドストライクなんだよ~!悔しいよ~!「伊野尾が可愛い、腹が立つ」ってこういうこと?このジレンマにほんとにキィー!!ってなる時ありますリアルに(笑)。でも幸せになりたいししてほしいからメインで応援していきたいのは光くん。ほんと正直タイプじゃなかったしあまり可愛らしいと思っていなかったのに気になりはじめてから最近までずっと可愛い!愛しい!ヒルナンデスで何かやるたびに「かわいい♡」って呟くわたしの中の異常現象(笑)。恋は盲目ってこれなの?!これなんだな?!なるほど。(2回目)


おわり。

NHK紅白歌合戦、初出場おめでとう!


事前番組からずっと見てたんだけれど、ただただ家で見ているだけの分際なのに「うまくできるのかな?」とか「知念くん"噛まなマイハウス"*1ちゃんとできるかな?」とか緊張しちゃって出番が終わるまですっごくソワソワしたー!笑
歌っている時でさえもあの狭いところでぶつかったりしないかな…歌詞とばないかな…とかもう何ですかこれは親心的なやつですか?!?!笑

でもそんな心配要らなかったですね。見事にいつものキラキラ笑顔でトップバッターをつとめました!うぅ…!(感涙)
白組に相応しいお伽噺の王子様のようなホワイト×ゴールドのジャニーズ正統派衣装もとってもよかったです!ゴールドのゴツめの指輪。JUMPちゃんて山田くん(だいちゃんもかな)以外あんまり付けないイメージなので新鮮でした。






あまりマイナスなことは言いたくないんですが、やっぱり言いたい。
“出演者全員で振り付け”のコレジャナイ感がすごくて正直ステージを広々使ったJUMPちゃんだけを見たかったです。
わかっています、皆さんとても忙しい中なのに振り付けを覚えてねって言われて大変だったと思います。だけど、ですね。生放送でやり直しは出来ないからこそやるならやりきってほしい気持ちがありました。※ケンティーみたいに完コピしてねとは言いません笑。
1番のところは振り付けして下さっている方が多かったですが終盤は手拍子で…ちょっと想像していたものと違っていて。期待しすぎました。笑
ウッチャンはズレズレでしたが一生懸命踊ってくれてお父さん感がすごかった(笑)。大好きです。歌終わりにも「山田知念八乙女とか…10年近く番組やってるんで感慨深くてねぇ」って言ってくれて。お父さーーん!笑

所々で光沢のある水色スーツに着替えたJUMPちゃんが出てくるのでまだまだ見逃せない。あ!今はハッピ羽織ってるかわいい…
さて、紅白の続き見よう。

*1:AnniversaryTour2017-2018東京ドーム12/30公演MC内での伊野尾くんの発言

I/Oth AnniversaryTour 2017-2018@12/8京セラドームその①


I/Oth Anniversary Tour 2017-2018
京セラドーム12/8公演の感想など。ネタバレあります。
アリーナツアーのレポは途中で挫折しました。

↓以下、読んでも大丈夫な方だけよろしくお願いします。





今回当たったのは1塁側スタンド上段(その中でもわりと上の方)でした。センターステージをほぼ真横から見る感じ。それでも完全に真横ではないからそれなりに演出等は見えるお席でした。
コンサートが始まるまでは「ハガレン」と「みせこど」の予告が何回か流れたのでその度にキャーという黄色い歓声が。山田エドや王子ちねたんにわたしはひとりニヤニヤしていました(笑)
開演間近になると照明が少し暗くなって砂時計がカチコチ。この演出はアリーナと変わらずだった?かな??(記憶力無さすぎて…)
1曲目はデビュー曲UMPでした\(^o^)/
白い衣装に身を包んだじゃんぷちゃん。王子様っぽくていいですね。
続いてドリカム!さ夢みましょ♪ドリカムだったかUMPだったか興奮で覚えてないんですが一番近い(とはいえ遠い笑)小島?にさっそく光くんが来たので舞い上がっちゃいました!今回は急すぎたし遠いor見切れだろう、と、手作りウチワは持参しなかった。ジャンボうちわ*1を買ったので左手に光くんうちわを持って右手でペンラを振ってありがとうと大好きを目一杯伝えました。光くんがしっかりとこちら側に向かって手をふってくれたのは残念ながらこの時だけ。あの時、光くんの視界にわたしも入っていたのだったら嬉しいな。
Endless Dreamという曲は聴いたことがなかったのでイントロでキャーー!!と会場が沸いた瞬間わたしは「?」でした。懐かしい曲もたくさん入れてくれていたようなので新規は勉強不足を実感しましたね…うぅ(涙)
名曲Ride With Meで元気を取り戻し、続くViva!9’s SOULでハイテンション!コンサートではこの曲が一番楽しいかもしれない。OUR FUTUREはsmartで聴き馴染みがあったから楽しかった~。

7ちゃんのSweet Liarはやっぱりえろいね。ドームでもえろいです。圭人の「シィー」はあれちょっと規制必要じゃないです??笑。色気出過ぎ。小学生とかどんな気持ちで見てんのか気になる笑。
BEST兄さんのスタートデイズは相変わらず楽しいコントで今回もたくさん笑わせて頂きました。
今回は冬の唄しばり(笑)
ごめんゆーやんは何だったっけ?忘れた(笑)
伊「雪やコンコン霰やコンコン降っても降ってもまだまだコンコン……犬もコンコン…ww狐もコンコンwww……あなたとコンコンしたい(イケボ)」
←意味わからんけどこういうところ好きだ(笑)
八「絶好調真冬の恋とけるまでこぉおおおおおいしたぁ~~~~い!!!」
薮「や~ぶこうたが今年もやってくる♪薮宏太♪薮宏太♪ぼく、やぶこおた~♪」
←今回薮くんに一番笑わせていただきましたww
有「ディンドンディンドン有岡で~す!…壁ドン?時代はディンドンなんだよ!!(キメ顔)」
光「おい!ディンドン(いつもなら有岡)っつったな!」
高「メガネをかけるぅ~(裏声)」
とか、だいちゃんのまわりをぐるぐる回る4人とか、抱きついて自由に遊んだり、わちゃわちゃBESTはやっぱり愛しい♡

バンドコーナーの裕翔がドラムでお客さんを小バカにするくだりもあります笑。あれ好きです笑。ひとしきり弄ばれたら(笑)、ギターをかき鳴らしながら圭人がかっこよく登場。冒険ライダーを7ちゃんが歌っている間にベース光くんが闇の中スタンバイ。スプレーでベース?手?をシューってしてからくるっと振り向きスポットライト浴びてベンベンする姿に鼻血。ありせか、TO THE TOP、Dash‼︎までがバンドだったっけ?ありせかはバンドにするとすごく良くなる!本当に申し訳ないが歌詞くそだせぇと思っちゃうからあんまり好きじゃないんだけどバンドにすると歌詞なんかどうでもよくなるくらい音の重みと勢いがあってかっこいい!今後も披露するなら是非バンドver.でよろしくお願いします。
Ignitionでは山田くんのサックスソロあり。確かこの曲。(武田のシンディがめちゃイケでよくサックス使ってボケてるから忘れていたけどサックス吹けるってかっこいんだね!)メンステ横一列になって各々立っていた所結構な高さまでがせりあがる。みょーんって。この曲も勉強不足な新規ついていけず…ごめんなさい。で、みんな大好きFrom~~~~なごむ~~~~。会場がザワついた切なさ、ひきかえに。薮くんがセンター。美声だわ…。うっとり。
そしてまさかまさかのJUMPing CAR!!ここから怒濤の新規祭!!笑。真剣SUNSHINEまでがトロッコだったかな?バクステでキミアトラクション。「君がナンバーワン」は「大阪が一番」。語尾に「やで」とかつけてくれた人も。みんなかわうぃ~。大ちゃんはまさかの「君がいるところが一番!!」というイケメンっぷり(笑)。山田くんの「お前が一番やでぇ~♡」の言い方がめっちゃくちゃ優しくてイケメンで膝から崩れそうになったよ。愛ingうたいながら移動。メンステ戻って新曲White Love。遠い上段で見るからこそくるくる変わるフォーメーションがしっかり見えて満足です。JUMPちゃんの振り付け師さんの気分(笑)。白い羽が発射されてここは天界なのかな?9人の天使がいるのかな?と錯覚をおぼえます。天井には羽降ってこないけどな。笑

━MC━
(覚えている限り。ほぼニュアンス)
・おなじみ光くんの煽りがあってからの全員で「Hey!Say!JUMPでーす!」
・薮「キミアトのさぁ、大ちゃん、俺ら完全にフリだったよね」
?「何だっけ?何て言ったんだっけ??」
有「君のいるところが一番」
\キャーーー/
「イケメンかよぉ」「なんなんだよぉ」とニヤニヤしながら口々に茶化すじゃんぷちゃん(笑)
裕「答えとしては100パーだよね」
?「100点じゃなくて?」
裕「あ!100点だ!光くんみたいになっちゃった!」ナチュラルに光くんディスらないでゆーてぃ(笑)
・薮「そういえばこのまえ光と(誰か忘れたけど複数)で銭湯(サウナ?)行ったんだけど、光、トリートメントつけたままあがっててびっくりした」
メンバー「「「え???」」」
光「髪の毛タオルで乾かしてたら何かぬるぬるすんな~って思って。あ!トリートメント流し忘れた!って気づいたの」流石ひかにゃんだぜ。
・最近よくサウナに行くというやぶひかたかちねけと(←間違っていたらごめんなさい)。広いサウナなのにやぶひかぎゅっとくっついてるお話。
光「今日の朝もサウナ行ったよね」
薮「朝、光から電話があったんだけど1回シカトして」
光「無視すんなよ!」
薮「で、また電話きたから仕方なく出たらフェイスタイムで朝から光のどアップ!」
光「顔が見たかったから♡」
裕「ここ!キャーっていうところだよ!!!」なるほど、これが強火やぶひか担と言われる所以…!笑
サウナの話はまだまだ続く。
・高「この前サウナに行ったら薮くんがいたの!たまたま!」
薮「そう。うぇ~いってハイタッチしたよね」
高「でさぁ、あ…これ名前出していいのかな…ヒャダインいたよね!俺、ヒャダイン、薮くんって座ってたwww」いいのかなって言いつつすぐ言いましたよこの男。笑
薮「その場ではお互いなんとなくそうかなって思ってたけど黙ってたんだよね。後日、あの時さぁ、って。」
高「やっぱヒャダインだよねー!ってね!」
薮「ね。あ、まえやまだけんいちさんね」律儀。笑


MCまだ途中なんですが区切りますm(_ _)m

*1:伊野尾くんうちわも買った

おひげ


光くんの画像を検索してニヤニヤしていたら。

f:id:jumpzzz:20171215224237j:plain

何これかっこいい!!!こんなひかちゃん知らない。スクショせずにはいられませんでしたごめんなさい。2014年の舞台の時なのね。………ド新規ぃいいい(笑)
普段からこんなんだったら苦手だけれど、役柄でこういうお髭やオラオラな感じはたまらん!ギャップ!
子育てに奮闘するちょっとおバカなパパ(年の離れたお兄ちゃんでも可)とか似合うと思うからそんなドラマないですかね。


どこまでも

ふかみにハマらせてくれるねきみたちは!!えらい沼にハマったもんだ!!まぁ抜ける気もないんですけども!!

制作開放席に当たったので行ってまいりました京セラドーム!!
当選までのことと、コンサート内容や感想は別記事にて残したいと思います。

とにかくもう!やっぱり!JUMPはファンを大事にしてくれてるんだなって、大好きだなぁああああああって、思えた夢の時間でした!


ありがとう、JUMP♡

White Love@ベストアーティスト2017


一昨日のベストアーティストで初めて聴きました!ホワイトラブ!(YouTubeでアップして下さる過去のラジオは歌カットなので、、)
まさに王道アイドルソングでキュンッキュンした。JUMPはキラキラしたアイドル感満載の楽曲が多い印象だけれど、今回の新曲はその中でも上位だな~。しかし、衣装とダンスは意外にもクール!11年目に突入するオトナJUMPだから黒い衣装にガッツリめなダンスという意外性もまた良し、です♡ほわほわファー付きの白い衣装に緩やかなダンスだとちょっと甘くなりすぎるもんね。そんな衣装も嫌いじゃないけどね、だってみんな何着ても似合うんだもん(モンペ笑)


f:id:jumpzzz:20171201085146j:plain


それからドッキリ企画、あれは本当に何だったんだろう。自然と涙が出てきたよ。感動の涙じゃなくてただ悲しいだけの涙。うちの山田くんを、うちのJUMPちゃんを、いじめないで。山田涼介のJUMP愛を確かめる??余計なお世話だよ。そんな事をテレビの企画(しかもただの場繋ぎ)でやってもらわなくたってファンは知っているし、ファンではない人達から見ると「何の時間?」という疑問しかなかったんじゃないかな。やってほしくないけど、やるならせめてその場でネタバラシしてあげてほしかった。何日も無駄に辛い日々を過ごして可哀想。新曲初披露だし緊張しているであろう歌う前にネタバラシ、、山田くんも他のメンバーもちょっと全員抱きしめたいんですけどだめですか?そうですか。
光くんもすべってたから可哀想でしかなかった。ヒルナンデスでお世話になってるあさこさんが拾ってくれたからまだ救われたけど。まじ姐さんありがとう。
わたしがこのドッキリで1つだけ得をしたのはJUMPの私服を見れたこと笑。それだけ。
画像には山田くんいないけど安定のおしゃれさんだった。JUMPのファッショニスタ(byゆーやん)ですから。



それから、コラボもありましたね!
光くんの立ち姿がオラオラでかっこいい♡
f:id:jumpzzz:20171201085416j:plain
舞台裏を取材している動画(PON!だったかな?亀梨くんと山PとJUMP)があがっていたのでたまたまそれを見てから青春アミーゴコラボを見たんですが、本当に亀梨くんつま先立ちして身長差ネタにしててわろたwww優しい兄さんだ。
真ん中で子供のような笑顔のゆーてぃ、やった後に笑っちゃう亀梨くん、微笑するクールビューティ山P。そして後ろでさりげなく優しい笑顔のだいちゃん。………天国かな?
f:id:jumpzzz:20171201085556j:plain

青チェック(←好きなくせに間違えていました笑)青ストライプのあの衣装も好き。タイトだから今っぽいしおしゃれで可愛い♡
f:id:jumpzzz:20171201090210j:plain
大勢で踊る青春アミーゴいいですね、ほんと青春て感じ。部活思い出す笑
山Pの肩からイノキノコ生えました笑





White Love発売まで待ち遠しい~!
カップリングも何だか良さそうな予感。

今日はWithを買って、帰ったらめざまし観てVS嵐…まで辿り着けるかな(笑)
知念くんBIRTHDAYだし何だかJUMPで溢れていて幸せだ♡

祝!10周年!


伊野尾革命と呼ばれた時期(しかも後期)からのハイパード新規のわたしから出てくるお祝いの言葉なんて軽すぎて申し訳ないんだけれど、それでも言わせてね。

10周年おめでとうございます!パチパチ

若い時の10年って本当に濃厚だと思う。もしかすると幸せなことよりも苦しいことのほうが多かったのかもしれない。だけれど今でもこうしてHey!Say!JUMPでいてくれる。いつもキラキラの笑顔をありがとう。書きたいことはたくさんあるのにまとまらない。

これからもHey!Say!JUMPを応援したい。これからもHey!Say!JUMPと共に歳をとっていきたい。これからのHey!Say!JUMPの活躍も楽しみにしています。
Viva!9's SOUL!9人が大好きです♡


f:id:jumpzzz:20171114194028j:plain

≫追記
じゃんぺ9人全員更新してくれてる。やぶぺから順番に読んでいって笑ったり泣いたり忙しい。薮くん、ゆーやん、山田くんの言葉って泣けるしキュンとするしで絶妙なバランスだから持っていかれそうになる。笑
伊野尾くんは相変わらず文字数制限でもあるんですか???ってくらい短い(笑)。ほんと、見かけによらず一番男っぽい。光くんはあの出だしのまま終わらなくてよかったです(笑)

内容丸々SNSで拡散するの(・A・)イクナイ‼